スポンサーリンク
保険の話

補聴器購入は保険適用外だが負担軽減策はある

聞きとりにくさを自覚しながら補聴器を使用していない人が多いと聞く。原因はいくつかあろうが、補聴器が高額であることも一因だろう。そこで、補聴器購入費の負担軽減策について調べてみた。補聴器が医療機器でありながら、健康保険は適用外だが、自治体の助成制度もある。
保険の話

失業手当(失業保険)をもらえる人、もらえない人

会社などとの雇用関係のもとに収入を得ている人は、失業というリスクがある。その場合の生活を守るために雇用保険(失業保険)から失業手当(基本手当)を受給できる制度がある。だが、この対象から外れる人もいれば、失業手当受給までの待期期間がある。またその額は……。
運動と健康

ウォーキングやジョギングで脳を活性化!!

有酸素運動の代表格であるウォーキングやジョギングに意外な効果を期待できることが実験で確認されている。着地したときにかかとにかかる衝撃が脳に伝わり、脳機能を高めるというのだ。衝撃を体の一部分に集中させないためには正しいフォームと衝撃に負けないシューズが必要だ。
体調が悪い?

便秘薬「酸化マグネシウム」の副作用に注意して!!

便秘薬の「酸化マグネシウム製剤」は、年間延べ4500万人ほどが使用する人気の高い薬だ。作用がマイルドで安全とされるが、副作用の「高マグネシウム血症」には注意が必要だ。どんな人に起こりやすいのか、その初期症状、初期症状を自覚した時の対処法についてまとめた。
保険の話

医療費が一定額を超えたら「高額療養費」の申請を

医療費が高額になり家計に過度の負担を強いることを避けようと「高額療養費制度」が運用されている。自己負担分が一定の額を超えると、そのオーバーした分が払い戻されるという仕組みだ。本人が申請することが前提条件だが、やや複雑なその申請上の注意点をまとめた。
体調が悪い?

太っていないのに生活習慣病になりやすい「やせメタボ」

「メタボ」こと「メタボリックシンドローム」には「肥満」「ポッコリお腹」のイメージが強い。が、やせていてもメタボリスクのある「やせメタボ」が、実は「メタボ」と同数いて、しかも女性に多いという話をまとめた。「やせメタボ」対策は1日3食摂ること&よく動くこと。
食と健康

トマトはオリーブオイルと食べるのが大正解

夏野菜の代表「トマト」には「リコピン」が豊富だ。日本人は生のまま食べることが多いが、リコピンの健康効果を最大限生かすには、オリーブオイルで加熱調理して食べるのがいちばん、という話を書いてみた。カロリーや糖質が気になるが、よほど食べ過ぎない限り心配ないようだ。
保険の話

全ての労働者が受け取れる「労災保険給付金」

会社などに雇用されている、いわゆる「労働者」は、業務中や通勤途中のケガや病気に労災保険が適用され、療養・休業などの給付金を受け取ることができる。通勤途中のアクシデントが招いた負傷や病気が労災対象になるかどうか、交通事故の場合はどうなるか、まとめてみた。
保険の話

妊娠・出産費用の助成は不妊治療だけではない

菅政権が「不妊治療への保険適用」の方針を公表したとき、正常な妊娠・出産でも経済的負担が大きいのに「なぜ不妊治療だけなのか」の声が少なからずあがった。これを聞き、実際のところ正常妊娠・出産にどのような助成制度があり、どの程度の支援を受けられるのか調べてみた。
体調が悪い?

誰でも無料で利用できる「がん相談支援センター」

日本人の2人に1人が生涯に一度は経験するといわれるほど、がんはもはや珍しい病気ではないし、不治の病でもない。しかし、何かと悩むことの多いこの病気に関することならなんでも相談できる「がん相談支援センター」についてまとめた。ときには匿名での相談もOKとのこと。
スポンサーリンク