運動と健康

スポンサーリンク
運動と健康

不安で気持ちが落ち着かないときは腹式呼吸を

デルタ株によりコロナ感染が全国規模で急拡大し、不安や緊張の日々が続いている。自ずと呼吸は浅く速い胸式になりがちだ。不安や緊張を鎮めるには、横隔膜をゆっくり上下に動かす腹式呼吸に意識して切り替えるといい。その理想的な方法として坐禅の呼吸法を例に紹介する。
運動と健康

コロナ禍に負けず質の良い睡眠を確保するコツ

コロナ禍による生活スタイルの変化は多くの人を睡眠不足に陥れている。質の良い睡眠を確保するためには、「普段どおりの時間に起床して日光を取り入れる」「長い時間の昼寝をしない」「生活にメリハリをつける」など。睡眠の「時間」ではなく睡眠の「質」にこだわることだ。
運動と健康

ウォーキングやジョギングで脳を活性化!!

有酸素運動の代表格であるウォーキングやジョギングに意外な効果を期待できることが実験で確認されている。着地したときにかかとにかかる衝撃が脳に伝わり、脳機能を高めるというのだ。衝撃を体の一部分に集中させないためには正しいフォームと衝撃に負けないシューズが必要だ。
運動と健康

「猫背」を治せば腰痛や肩こりもよくなる!?

スマホやパソコンの普及に伴い前かがみの姿勢でいる時間が長くなったことも影響して、猫背の人が増えていると聞く。猫背は老けて見えるうえに、腰痛や肩こり、ポッコリおなか、さらには円背から転びやすくなったりも。簡単に取り組める猫背改善エクササイズを紹介する。
運動と健康

慢性腰痛に効くドローインで太りにくい体質にも

慢性腰痛はじっとしていないで動いた方がいい。それもただ動けばいいわけではなく、体を支えている体幹筋のうちインナーマッスルを動かして鍛えることが腰痛改善につながる。その方法として、自宅でできるドローインには、太りにくい体質に変える効果もあるという話をまとめた。
運動と健康

四十肩・五十肩は20代、30代でも起こる

その名前から中年以降の病気と考えられている「四十肩・五十肩」だが、20代半ばの女性がその診断を受けた話を紹介する。整形外科を受診するまで時間がかかり悪戦苦闘する日々もあったが、医師に勧められたアイロン体操などにより現在は肩の動きもスムーズになったとのこと。
運動と健康

「こむら返り」は足だけでなく手の指にも起こる!!

スポーツをしていて、あるいは睡眠中に突然襲ってくる「こむら返り」は、もっぱら「ふくらはぎ」に起こるものと思っていた。ところが「手の親指」のこむら返りを体験したことをきっかけに、改めて、こむら返りが起こる原因や予防法を調べ、まとめてみた。
運動と健康

横隔膜を動かす「笑い」で免疫力を強化する

ウイルスなどの外敵と闘い我が身を守る「免疫力」が「笑い」により強化されることはよく知られている。が、ただ笑っていればいいという話ではない。外敵にとって殺し屋として働くナチュラルキラー細胞(NK細胞)の働きを助けるには、横隔膜が動く笑いがいいという話を。
運動と健康

メタボ予防の減量にいいのはジョギングか筋トレか

「このままではメタボに……」との指摘を受けた男性が、運動して減量に挑戦する決意をした。では、メタボの元凶である内臓脂肪を減らすにはどのような運動がいいのか、という話をまとめた。結論は、ジョギングのような有酸素運動を主体に、リバウンドを防ぐ筋トレも。
運動と健康

股関節のつらい痛みを「貧乏ゆすり」で和らげる

女性に多い加齢現象の一つ、変形性股関節症は、歩行中や階段を上り下りしている際に、股関節に痛みが走ることで気づくことが多い。深刻化すると手術が必要となるが、そうなる前の保存療法として「貧乏ゆすり」改め「健康ゆすり」が痛みの緩和に役立つという話を紹介する。
スポンサーリンク