スポンサーリンク
ニュースから

がん治療による外見の変化をどうカバーする?

がん患者の就労支援に国が力を入れていることもあり、治療と仕事を両立しているがん患者が増えつつある。その際課題になる「がん治療による外見上の変化」にいかに対処するかにつき、友人の女性の体験を例にまとめた。幸い、社会的支援も充実してきた実態も紹介する。
体調が悪い?

無呼吸のない「いびき」なら心配ないってホント?

パートナーに「いびき」で起こされ、呼吸器内科の医師を取材した折の話を思い出して、いびきの観察をした。仰向けの姿勢がいびきをかきやすいこと、無呼吸のない「いびき」なら、横向き寝用の枕に変えて様子をみること、無呼吸があれば受診すべきことをまとめた。
体調が悪い?

長引く腰痛に有効と聞く「認知行動療法」とは?

原因がはっきりしないまま3カ月以上続く慢性腰痛には、人間関係や仕事上の悩みなど心理的ストレスが影響していることが少なくない。このような痛みの改善に、その人の認知に働きかける認知行動療法が有効と聞く。「痛いからできない」とエクスキューズしている方は、一読を。
ニュースから

アルコール量を知って飲み過ぎを防ぐには?

厚労省は適正飲酒として1日のアルコール量を20gまでと推奨している。このアルコール量の目安がわかりにくかったのだが、政府は容器にアルコール量をグラム表示するよう酒類業界に求める方針を打ち出した。これにより、飲み過ぎや二日酔いの防止効果が期待されるが……。
食と健康

便秘の解消にマグネシウムが役立つってホント?

日本人の8人に1人は便秘もちだと聞く。この便秘解消に、必須ミネラルの「マグネシウム」が欠かせないという話をまとめた。マグネシウムは伝統的な和食から多く摂れるのだが、近年の欧米化した食事では不足傾向にある。便秘対策は、まずは食生活を見直すことから始めたい。
運動と健康

四十肩・五十肩は20代、30代でも起こる

その名前から中年以降の病気と考えられている「四十肩・五十肩」だが、20代半ばの女性がその診断を受けた話を紹介する。整形外科を受診するまで時間がかかり悪戦苦闘する日々もあったが、医師に勧められたアイロン体操などにより現在は肩の動きもスムーズになったとのこと。
運動と健康

「こむらがえり」は足だけでなく手の指にも起こる!!

スポーツをしていて、あるいは睡眠中に突然襲ってくる「こむらがえり」は、もっぱら「ふくらはぎ」に起こるものと思っていた。ところが「手の親指」のこむらがえりを体験したことをきっかけに、改めて、こむら返りが起こる原因や予防法を調べ、まとめてみた。
運動と健康

横隔膜を動かす「笑い」で免疫力を強化する

ウイルスなどの外敵と闘い我が身を守る「免疫力」が「笑い」により強化されることはよく知られている。が、ただ笑っていればいいという話ではない。外敵にとって殺し屋として働くナチュラルキラー細胞(NK細胞)の働きを助けるには、横隔膜が動く笑いがいいという話を。
体調が悪い?

目覚ましの「音」でだめでも「光」なら起きられる!!

目覚まし時計は何を使っているだろうか。大音量のアラーム音ではなく、自然光で目覚めさせてくれる光目覚まし時計で、心地よい朝を迎えてはどうだろうか。この目覚まし時計は、うつ病や学童期に多い起立性調節障害の治療に使われる光療法のメカニズムを採用しているという話を。
体調が悪い?

耳掃除は自分でしないほうがいいってホント?

耳掃除にはなんとも言えない心地よさがある。で、つい無意識にやってしまうのだが、医学的には不必要かつ危険な行為だという。何が、どう危険なのだろうか。耳あかがたまって気になるときはどうしたらいいのかを調べてみた。耳鼻咽喉科で保険適用で受けられるという話も。
スポンサーリンク