「お酢ダイエット」はお酢と運動のセットで

お酢食と美容

「お酢ダイエットでやせた」とよく聞きますが……

「お酢ドリンク」がダイエットの味方になるとして、若い女性のみならず男性にも大変人気と聞きます。

といっても、中年以降の男性の場合は、ダイエット目的というよりメタボ予防のために「内臓脂肪を減らしたい」という目的でお酢を飲んでいるという方が多いようですが……。

確かに、「お酢ダイエット」という言葉があるように、身近な調味料としておなじみの「お酢」には、脂肪の燃焼(分解)を助ける効果が期待できると言われています。

実際、SNSなどでも、「お酢を継続して飲んでいたらやせた」といった体験談がいくつも紹介されています。

また、「お酢は体脂肪を燃焼させるのでダイエットに向いている」、あるいは「お酢には高めの血圧を下げる効果もある」などといった記事も少なからず目にします。

紹介されているような健康効果をそのまま信じて、「毎日忘れずにお酢を飲むようにしている」という方も少なくないのではないでしょうか。

しかし、結論から言えば、「お酢を飲むだけ」ではダイエット効果は期待できません。

内臓脂肪を減らしてメタボを予防する効果も高めの血圧を下げる効果も、ただお酢を飲んでいればいいというわけではないのです。

むしろお酢の選び方や飲み方によっては、逆に太ってしまったり、健康を脅かすリスクがあることも知っていただきたいと思います。

お酢と運動の相乗効果によりダイエット効果が

「お酢を飲んでやせた!!」などと、ネット上でお酢のダイエット効果をアピールしている記事を読んでみると、いずれの記事も、お酢に含まれている「アミノ酸」に脂肪を燃やす効果があると説明しています。

この点については、管理栄養士の友人に確認したのですが、アミノ酸は「体内で脂肪を燃やすサポートはする」ものの、アミノ酸単独で直接脂肪を燃やす働きはないそうです。

「だからお酢を飲むだけでダイエットになるとか、お酢だけで内臓脂肪が減るなどありえない」というのが、管理栄養士としての見解だと言います。

ただ、多くのアスリートたちがアミノ酸の多いプロテインを好んで摂っているように、アミノ酸を摂取したうえで運動をすると、筋肉量が増加するのは確かなようです。

この筋肉量の増加により、基礎代謝、つまり私たちが生命を維持するのに最低限必要なエネルギー量が増え、1日の消費エネルギー量が増えますから、そのエネルギーを生み出そうと体内で脂肪の燃焼が効率的になることは期待できるようです。

早い話が、アミノ酸と運動との相乗効果によって内臓脂肪の減少やダイエット効果が期待できるというわけです。

「でも、お酢に含まれるアミノ酸のレベルでそこまでの効果が望めるとは思わない」と、彼女は少々疑問視しているようでした。

ただお酢を飲むだけではダイエット効果は期待できない

実際、お酢をコンスタントに摂り続けることに、メタボ気味の方の内臓脂肪を減らしたり、腹囲や体重を減らす効果があることを明らかにした研究報告がいくつかあります。

それらのレポートを注意深く読んでみると、管理栄養士の彼女が指摘するように、ただお酢を飲んでいるだけではないようです。

お酢を飲んだり、お酢を使った料理を摂った後にウォーキングやジョギングなどの有酸素運動*を行って、意識的に運動量を増やしたり、食物繊維が多めの食事を摂ることを心がけているのです。

その結果として、内臓脂肪の減少やダイエット効果によって体が引き締まるなど、期待した健康効果が得られたと説明しているわけです。

*有酸素運動では、酸素を使って腕や脚(ふとももやふくらはぎ)など全身の大きな筋肉を動かします。そのエネルギー源としてまず使われるのは、体脂肪、とりわけ内臓脂肪です。この脂肪燃焼効果により内臓脂肪をはじめとする体脂肪が減少して、ダイエット効果が期待できるとされています。
メタボ予防の減量にいいのはジョギングか筋トレか
「このままではメタボに……」との指摘を受けた男性が、運動して減量に挑戦する決意をした。では、メタボの元凶である内臓脂肪を減らすにはどのような運動がいいのか、という話をまとめた。結論は、ジョギングのような有酸素運動を主体に、リバウンドを防ぐ筋トレも。

また、お酢にはアミノ酸だけでなく酢酸も豊富に含まれています。

酢酸は、体内に入るとクエン酸に変化するのですが、このクエン酸には、糖質や脂肪をエネルギーに変える働き、つまり代謝を活性化させる作用がありますから、体内に脂肪がたまりにくくなるのです。

ただしこの効果も、運動などとの相乗効果によってはじめて期待できるもので、お酢を毎日摂っていればいいという話ではありません。

食前にお酢を飲むのはダイエットに逆行する

お酢ダイエットをするならお酢と運動をセットでということですが、このお酢の摂り方については、特に注意していただきたいことがあります。

お酢ダイエットの体験談などを読んでみると、なかには1日に大さじ1杯か2杯(大さじ1杯は15ml)を目安に、黒酢や穀物酢、果物酢といった醸造酢の原液をそのまま飲んでいる方が少なからずいます。

しかし、原液そのままでは、胃腸への刺激が強すぎて胃炎などの胃腸トラブルを引き起こすリスクがあります。

お酢の摂り方としては、野菜の酢の物やもずく酢などのお酢料理で、あるいは出来上がった料理にお酢をかけていただくなど、毎日の食事にお酢を意識的に取り入れるのが理想です。

とは言え、なかにはそれでは物足りないからそのまま飲みたいという方もいるでしょう。

その場合は、せめて水や炭酸水、あるいはお湯などで5倍以上に薄めて、お酢ドリンクとして飲むことをおススメします。

ただ、お酢には唾液の分泌を促して食欲を増進させる働きがあります。

食事を摂る直前や空腹時にお酢ドリンクを飲むと、むしろ食欲が増して食べ過ぎて太ってしまうことにもなりかねませんから、お酢ドリンクを飲むなら食事の後、運動をする前がいいでしょう。

飲みやすいお酢にはダイエットの大敵「糖質」が

また最近は、「まろやかで飲みやすいお酢」などといったキャッチコピー付きのお酢やお酢ドリンクが数多く出回っています。

これらの多くは、「調味酢」あるいは「加工酢」といって、米酢などの「醸造酢」に砂糖(ショ糖)やブドウ糖、果糖、蜂蜜など、さまざまな添加物を加えて飲みやすくしたり使いやすくしたりしてあるのです。

すでにお気づきのように添加物の多くはダイエットの大敵である「糖質」です。特に果糖やショ糖は太るもとですから、ダイエットには逆行します。

お酢やお酢ドリンクを購入する際には、個々の製品パッケージに貼ってある成分表の「原材料名」や「糖質」の欄にこれらの添加物がないことを必ずチェックすることをおススメします。

機能性表示食品に登録されたカロリーゼロのお酢も

それと、最近は、たとえば「ミツカン りんご黒酢 カロリーゼロ」のようなカロリーを気にせずに利用できる機能性表示食品として登録されたお酢も売り出されています。

機能性表示食品とは、いわゆる健康食品のなかの、健康への効能をパッケージなどに表示したりCMなどで広く一般にアピールすることが許されている「保健機能食品」の一つです。

機能性表示食品は、たとえば「トクホ」として知られる「特定保健用食品」に求められているような国の厳しい認定基準や個別の審査はありません。

ただし、機能性表示食品を登録し、販売する企業には、その食品の安全性と機能性(健康への効能)に関する科学的根拠等を論文にまとめ、販売前に消費者庁長官に届け出ることが義務づけられています。

「機能性表示食品」という表示のある製品は、一通りこれらの手続きを終えていることを意味しますから、安心して使用できるものと考えていいでしょう。

なお、機能性表示食品の「カロ―ゼロ」は、100ml当たりのエネルギー量(カロリー)が5Kcal未満であれば「ゼロカロリー」と表記できることになっていて、完全にゼロカロリーではありませんので念のため。

また、ダイエット志向の方は、とかく「糖質オフ」「糖質カット」「糖質ゼロ」の食品や飲料を選びがちですが、健康上のリスクがあるという話をこちらで書いていますので是非読んでみてください。

「糖質オフ」「糖質カット」で気をつけたいこと
「糖質オフ」「糖質カット」「糖質ゼロ」などの商品が増え続けている。糖質制限や炭水化物制限ダイエットに取り組む人も増えている。しかし、炭水化物にはダイエットに不可欠な食物繊維が含まれているし、糖質のなかのブドウ糖は脳の働きに必須だ。この点をどうクリアするか。

むしろ私としては、切り干し大根や高野豆腐(こうやどうふ)、干し椎茸といった乾物類のほうが、食を満たしかつ痩せられるダイエットのほうが健康的でいいと思うのですが、いかがでしょうか。

食べてやせるダイエットに「乾物」の活用を!!
保存食としてどこの家庭にもある「乾物」は、天日に干して乾燥することにより、うまみや香りだけでなく栄養価も増している。注目すべきは、健康的なダイエットに必須の栄養素である食物繊維が、生の状態に比べ大幅に増えていること。鉄分やカルシウム、ビタミンDも。