ニュースから

スポンサーリンク
ニュースから

新型コロナの感染予防に「歯みがき」と「舌みがき」を

新型コロナの感染対策としてあまり語られていない「歯みがき」と舌苔と呼ばれる舌の汚れを取り除く「舌みがき」についてまとめた。口の中をコロナウイルスの温床としないためには、雑に回数を増やすより、1日1回でも徹底した歯みがきと舌みがきを行うことが感染予防になるらしい。
ニュースから

がん治療による外見の変化をどうカバーする?

がん患者の就労支援に国が力を入れていることもあり、治療と仕事を両立しているがん患者が増えつつある。その際課題になる「がん治療による外見上の変化」にいかに対処するかにつき、友人の女性の体験を例にまとめた。幸い、社会的支援も充実してきた実態も紹介する。
ニュースから

アルコール量を知って飲み過ぎを防ぐには?

厚労省は適正飲酒として1日のアルコール量を20gまでと推奨している。このアルコール量の目安がわかりにくかったのだが、政府は容器にアルコール量をグラム表示するよう酒類業界に求める方針を打ち出した。これにより、飲み過ぎや二日酔いの防止効果が期待されるが……。
ニュースから

手や指を動かす脳トレでコロナ疲れの脳を元気に

コロナ禍により自宅に閉じこもる生活が続き、体はもとより脳も疲れている。このままでは「うっかり」や「物忘れ」から認知症リスクも高くなる。脳を元気にする対策として、「外部の脳」である手や指先を動かして脳を刺激する脳トレとして、大人のぬり絵等を紹介する。
ニュースから

妊娠中の女性は新型コロナワクチン接種の対象外なの?

いよいよ国内での接種が始まった新型コロナワクチン。16歳以上の国民は、原則「接種義務」が課せられる。ただ、妊婦は接種義務の対象外との報に「接種を受けられないのか」と不安の声も聞かれるが、そんなことはない。その辺の話を、専門学会の提言を参考に整理してみた。
ニュースから

”メガネ型拡大鏡”使い方を誤ると転倒・骨折も!?

メガネのようにかけて使える拡大鏡が、加齢による老眼の方だけでなくスマホ老眼の若者にも愛用されている。両手を使えるのは便利だが、拡大鏡は老眼鏡の代用にはならない。使い方を誤ると拡大して見えないだけでなく、目のトラブルも。国民生活センターが注意喚起している。
ニュースから

新型コロナワクチン接種に備えておきたいこと

新型コロナワクチンの国内接種がいよいよ現実味を帯びてきた。医療従事者や高齢、基礎疾患があるなどの優先接種者以外は4月以降になる見込みだ。だが、接種は強制ではない。事前に有効性や副反応などを理解し、納得したうえで受けるために最低限必要な情報をまとめた。
ニュースから

コロナ対策に「不織布マスク」が良い理由は?

先の成人式会場で、あるいは美容院や映画館など、3密回避が難しい場所で、不織布マスクへの着け替えを求められることが多くなっている。布製やウレタン製、さらには透明のマウスシールドではコロナ対策にならないのか。また、不織布マスクの選び方についてもまとめた。
スポンサーリンク