ニュースから

スポンサーリンク
ニュースから

抗原検査キットは「医薬品」表示を確認し購入を

新型コロナウイルスの抗原検査キットが薬局で手に入るようになった。といっても厚生労働省承認の「体外診断用医薬品」表示のものに限定されるのだが、「研究用」と称するものなども出回っていて消費者庁が注意を呼び掛けている。購入する際は薬剤師に必ず相談を。
ニュースから

ゲノム編集で品質改良の高GABAトマト販売へ

ゲノム編集により通常トマトの約5倍のGABAを含むトマトの販売が始まった。血圧降下やストレス緩和効果を期待できるGABAを摂れるとなればすぐにも手に入れたいが、ゲノム編集という技術の安全性は担保されているのか、遺伝子組み換え食品とどう違うのかを調べた。
ニュースから

高校生の性の悩みに答える「つながるBOOK」

コロナ禍による休校は高校生の性にさまざまな悩みや不安をもたらしている。その実態調査を行った研究グループが、性に関して正しい知識を持つことで不要な心配や悩みから解放してあげたいと、高校生の性教育ハンドブック「#つながるBOOK」を作成した。その紹介を。
ニュースから

電子レンジによる火災を防ぐために守りたいこと

北海道で起きた「電子レンジ使用中に爆発して火災に」の報には、毎日のように電子レンジを使っているだけに驚かされた。改めて、どのようなときに電子レンジが原因で火災になるのか、使用中の発火、爆発、火災といったトラブルを防ぐために注意すべきことを調べてみた。
ニュースから

安価なジェネリック医薬品 効き目や安全性は?

薬代が5割ほど安くなることがアピールされているジェネリック医薬品だが、このところのジェネリック医薬品メーカーのトラブルを受け、効き目や安全性への懸念が高まっている。そこで改めて、ジェネリック医薬品について調べた。有効性や安全性などを自分で確認する方法も。
ニュースから

カラーコンタクトは危険性を知って適正使用を

コロナ禍によりマスクを外せない状況にあり、目元の印象を変えようと、おしゃれ感覚でカラーコンタクトを使用する人が増えている。しかし、粗悪な製品により、あるいは使い方を誤ると目のトラブルを招きやすい。購入前に眼科医の診察を受けることなど注意点をまとめた。。
ニュースから

子宮頸がん予防にワクチンのキャッチアップ接種を

子宮頸がんは女性特有のがんとしては乳がんに次いで多く、最近は若い女性に増えている。予防にはワクチンがある。国は12~16歳の女子を対象に無料での接種を奨励しているが、接種率は1%にも届いていない。対象年齢から外れると自費にはなるがキャッチアップ接種は可能だ。
ニュースから

男性がん患者も「外見ケア」が欠かせない

脱毛や肌色の変化、あるいは爪の変化、手術跡など、がん治療による外見の変化は女性同様、男性がん患者にも気になるもの。「仕事の評価に影響する」と悩む患者も多いことを受け、がん患者向けに作成されたアピアランスケア、つまり外見ケアのガイドブックや動画を紹介する。
ニュースから

新型コロナの感染予防に「歯みがき」と「舌みがき」を

新型コロナの感染対策としてあまり語られていない「歯みがき」と舌苔と呼ばれる舌の汚れを取り除く「舌みがき」についてまとめた。口の中をコロナウイルスの温床としないためには、雑に回数を増やすより、1日1回でも徹底した歯みがきと舌みがきを行うことが感染予防になるらしい。
ニュースから

がん治療による外見の変化をどうカバーする?

がん患者の就労支援に国が力を入れていることもあり、治療と仕事を両立しているがん患者が増えつつある。その際課題になる「がん治療による外見上の変化」にいかに対処するかにつき、友人の女性の体験を例にまとめた。幸い、社会的支援も充実してきた実態も紹介する。
スポンサーリンク