保険の話

スポンサーリンク
保険の話

「親が認知症」への備えに認知症保険は必要?

感染防止のための閉じこもり生活は、認知症予防には最悪の行動パターンと専門家。高齢の親を持つ者は「親が認知症」を考えさせられる。予防に取り組んでもらうこと、「認知症になったらどうしたいか」意向を知ることに加え、経済的負担に備え「認知症保険」への加入も検討を。
保険の話

先進医療特約は付けたほうが安心ってホント?

民間の「医療保険」や「がん保険」に「先進医療特約」を付加すべきかどうかが仲間内で話題になっている。私たちは国民皆保険制度に守られてはいるが、公的医療保険から外れる「先進医療」とはどのような医療で、どんなときにお世話になるのか、その特約は必要だろうか。
保険の話

介護保険で住宅改修ができるって本当なの?

在宅療養中で介護保険の要支援者もしくは要介護者に認定されていると、住宅改修給付サービスを利用できる。つまり、自宅のバリアフリーを目的に「手すりを取り付ける」「段差をなくす」「畳をフローリングに替える」などにかかる費用の一部を補助してもらえるという話をまとめた。
保険の話

整骨・鍼灸・マッサージに健康保険が使えるとき

街中にある整骨院などで受けるマッサージ等の施術は医学的治療ではないが、医師の同意書などがあれば、健康保険を使うことができる。施術者が国家資格の有資格者であること等々の条件もあるが、保健の対象になれば健康保険の自己負担分のみで施術を受けられるという話をまとめた。
保険の話

健康保険で禁煙治療を受けるには条件がある?

たばこに含まれるニコチンには依存性があり、自力だけで禁煙するのは容易ではない。幸いわが国では、一定の条件を満たす必要はあるが、健康保険で禁煙治療を受けることができる。その条件をまとめた。2,020年度からは、紙巻きたばこに加え、加熱式たばこも……。
保険の話

40歳になったら公的介護保険料が徴収されます

高齢者介護を家族だけに託すことなく社会全体で支えていこうと誕生した公的介護保険制度。40歳になると自動的に介護保険に加入して被保険者となり、介護保険料の支払いが求められる。その仕組みと、40~64歳でも介護サービスを利用できる場合があるという話を。
保険の話

収入が途絶えるリスクに備える「就業不能保険」は必要?

新型コロナウイルスの脅威は、「感染して働けなくなり収入が途絶える」不安を抱かせる。2人の子どものシングルマザーである友人から、「就業不能保険に加入すべきか否か」の相談を受け、「働けなくなったとき」の公的保障制度と「就業不能保険」について調べてみた。
スポンサーリンク