食と健康

スポンサーリンク
食と健康

「新米」の季節、お米にまつわる疑問のあれこれ

今年も「新米」の季節がやってきたが、新米については、その定義や新米と古米の見分け方など、疑問は多い。また最近普及している「無洗米」にはどのようなメリットがあるのか、ご飯をおいしく炊くコツははあるのかなど、日本人のエネルギー源であるお米について書いてみた。
食と健康

ピーナッツの摂取量が多いと脳卒中になりにくい

ナッツ類、特にピーナッツはカロリーが高いことで敬遠しがち。だが、思わぬ健康効果を期待できることが研究により確認されている。認知症につながりやすい脳卒中、特に脳梗塞の発症リスクを下げるというのだ。その研究成果と併せ、ピーナッツの上手な摂り方を紹介する。
食と健康

納豆は朝食より夕食に、そのまま食べるのがいい

独特なニオイとネバネバ感が特徴の「納豆」だが、含まれるナットウキナーゼの血液サラサラ効果をねらい、毎日欠かさず食べている人は多い。が、血液サラサラ効果を期待するなら、朝食より夕食に、また熱を加えずにそのままを食べた方がいいという話を書いてみた。
食と健康

筋トレ食材の定番「鶏肉」はしっかり加熱を

鶏肉は筋肉の材料として、特に筋トレに励む方には必須の食材だ。レシピが豊富で、最近はささ身寿司なども人気だ。だが、鶏肉は食中毒を起こすカンピロバクターに汚染されていることが多く、加熱が不十分だとカンピロバクターに感染して食中毒を発症する。その予防法をまとめた。
食と健康

今さらながら、消費期限と賞味期限はどう違う?

食品ロス問題が深刻だ。原因の一つに、消費期限と賞味期限の期限切れがある。そこで改めて消費期限と賞味期限の違いと、賞味期限切れの食品の取り扱いについて調べてみた。食品ロス削減には、消費期限の近いものを購入しない、買いすぎないなど、できることはありそうだ。
食と健康

フリーズドライ食品は栄養的にどうなのかしら

長引く「ウイズコロナ」の生活では長期保存が可能な食品の利用が自ずと多くなる。その一つフリーズドライ食品は、味噌汁などのスープ類にとどまらず、親子丼などの丼物もあり、実に多彩になっている。積極的に利用したいところだが、栄養面で問題はないのか、調べてみた。
食と健康

健康食品やサプリメントに頼りすぎないで!!

健康食品やサプリメントを成人の約6割が利用しているとの調査結果がある。利用者のなかには「体調が悪くなった」人もいて、日本医師会は摂りすぎを警告している。特に医師からの処方薬を服用している方は、相性の良くない健康食品・サプリメントもあり注意が必要だ。
食と健康

スパイスで内臓を温めて「冷え症」を改善する

冷え症は女性に限らず多くの男性にとっても悩みの種だと聞く。冷えた手先や足先を保温するなど局所的な対処法に終始しがちだか、「ヒハツ」というスパイスを利用して内臓を温め、全身の血液循環そのものを改善する方法を紹介する。ヒハツは使いすぎないことが大事だ。
食と健康

牛乳や乳製品に頼れない人のカルシウム補給法

カルシウム補給に最適な食品は牛乳・乳製品だが、牛乳アレルギーや乳糖不耐症で摂れない人は少なくない。そんな方のカルシウム補給法をまとめた。厚揚げ1/2枚にはコップ1杯分の牛乳を上回るカルシウムが含まれている。オイルサーディン丼や切り干し大根の煮物もおススメだ。
食と健康

今もあったビタミンB1不足による「脚気」

ビタミンB1不足による「脚気(かっけ)」は食糧難だった過去の病気と考えがち。だが、インスタント食品や調理済み食品に頼り偏った食生活を続けていると脚気、あるいは「隠れ脚気」「脚気予備軍」に陥りがち。疲れやすかったり足がしびれるなどの症状チェックを。
スポンサーリンク