スポンサーリンク
保険の話

「親が認知症」への備えに認知症保険は必要?

感染防止のための閉じこもり生活は、認知症予防には最悪の行動パターンと専門家。高齢の親を持つ者は「親が認知症」を考えさせられる。予防に取り組んでもらうこと、「認知症になったらどうしたいか」意向を知ることに加え、経済的負担に備え「認知症保険」への加入も検討を。
体調が悪い?

処方された薬がそのままでは飲みにくいときは?

処方薬が飲みにくいと、錠剤ならカットしたり粉砕したり、カプセルなら中身だけ出して飲んでいないだろうか。仮にそれが徐放剤だと、血中薬物濃度が急激に上昇して副作用が現れることがある。飲みなれていない薬を処方されたときはその飲み方を処方医に確認することを忘れずに。
食と健康

気をつけたい女性のアルコール依存症

コロナ禍で在宅時間が長くなり、孤独感も手伝っての「家飲み」により飲み過ぎていないだろうか。女性は男性よりアルコール依存症に陥りやすい。「自分のお酒の飲み方は大丈夫か」心配ならスクリーニングテストでセルフチェックをし、依存症のリスクがあれば早めに受診を。
食と美容

「漢方薬だけでダイエット」は可能なの?

「やせる漢方」をキャッチコピーにした漢方薬がテレビコマーシャルで頻繁に流れている。ダイエットやメタボ予防を目的にこの漢方薬を飲み続ける人が増えていると聞く。が、漢方薬にも副作用はある。特に長く飲み続けると問題になることも少なくないという話を書いてみた。
保険の話

先進医療特約は付けたほうが安心ってホント?

民間の「医療保険」や「がん保険」に「先進医療特約」を付加すべきかどうかが仲間内で話題になっている。私たちは国民皆保険制度に守られてはいるが、公的医療保険から外れる「先進医療」とはどのような医療で、どんなときにお世話になるのか、その特約は必要だろうか。
体調が悪い?

寝起きの腰痛、自分でできる改善策は?

腰痛もちの方のなかには、日中は気にならないが一晩眠った朝に、腰が痛くて起き上がれない、という方が少なくない。「寝起きの腰痛」だ。睡眠中の自然な寝返りが妨げられることが原因と考えられ、敷き布団やマットレスの見直し、あるいは腰枕の活用を改善策として紹介。
食と美容

美容を妨げる老化物質「AGE」を増やさない

老化の元凶とされる「AGE」が注目されている。体内に蓄積されると病気の原因となるだけでなく皮膚細胞を傷つけてシミやシワなどを作り出す美容上の大敵でもある。簡単な測定器によりAGEを測定して体内年齢を知り、食事を工夫してAGEを増やさない努力を。
食と健康

「牛乳が苦手」なら「大人向け粉ミルク」を!

大人向け粉ミルクが、牛乳が苦手な人や健康志向の人を中心に人気が高まっている。配合されている栄養成分も味も大人向けにアレンジされ、各種市販されている。牛乳には含まれていない栄養成分をプラスしたものも多く、自分に不足しがちな栄養素を知ったうえで選ぶといい。
体調が悪い?

看護外来は誰でも利用できる?しかし費用は?

病院の外来フロアーに、「看護外来」「看護専門外来」が目立つようになった。そこでは看護のスペシャリストである「専門看護師」ゃ「認定看護師」が中心となり、通院患者を主な対象に療養生活上の相談に応じている。個別の、きめ細やかな指導が受けられると評判だ。
体調が悪い?

月経前症候群(PMS)と基礎体温管理アプリ

排卵のある女性が毎月決まって悩まされる月経前症候群(PMS)は、基礎体温を継続的に測定、記録して生理日を予測し、事前策を講じることにより症状を改善できる。最近は基礎体温計も進化し、管理アプリとの連動により、生理日の予測も簡単になった、という話と具体策を。
スポンサーリンク