食と美容

カレーのお供は「福神漬け」か「ラッキョウ」か

カレーライスによく添えられる「ラッキョウ」は、あのにおいと辛さで敬遠する方が、特に女性には多い。しかし、実はラッキョウのにおいと辛さの成分である「硫化アリル」には、「血液サラサラ」効果に加えて美肌効果も期待できるという話をまとめた。
体調が悪い?

「アルカリ性体質」と「酸性体質」への疑問

「アルカリ性体質」と「酸性体質」、あるいは「アルカリ性食品」と「酸性食品」を健康と関連づけて説明する記事がネット上にあふれている。そこには「重曹を飲んでアルカリ性体質に」などといった話も出てくるのだが……。その真偽の程を探ってみた。
体調が悪い?

「眠りたいのに眠れない」時はホワイトノイズを

「眠りたいのに眠れない」原因は多々あるが、外部からの騒音に睡眠を妨げられる悩みは深刻だ。対策にホワイトノイズの活用を提案する。「音のカーテン」と呼ばれるように、ホワイトノイズは耳障りな音をかき消して安眠環境を作り出す。リラックス効果もあり、ストレス対策にも。
体調が悪い?

アレルギーを疑ったらすぐに原因特定の検査を

鼻水などの鼻アレルギー症状を花粉症のためと思い込んでいたら、実は原因は花粉ではなかったといったことは珍しくない。アレルギー症状を自覚したら、まずは原因のアレルゲンを特定する必要がある。39種類のアレルゲンを一度に調べられる「View39」検査を紹介する。
体調が悪い?

太りたいのに太れない方にエビオス錠を勧めたい

太りたいといろいろ努力しても体質的に太れない人は少なくない。その1人、知人女性がエビオス錠を飲み始めてから少しふっくらしてきた話を紹介する。エビオスには胃腸の働きを活発にするうえに栄養補給の効果も期待できる。医師の相談のうえ、まずは1カ月試してみてはどうか。
食と健康

若いうちから塩分を控える習慣を身につけよう

「減塩なんて自分には関係ない」と若い方は思いがちだろうが、長年の塩分(食塩)の摂りすぎが高血圧につながる。減塩目標は1日食塩摂取量6g。厚生労働省は食品メーカーと協力して、カップ麺やコンビニ弁当など減塩食品を広める取り組みをスタートさせたことを紹介する。
食と美容

「お酢ダイエット」は酢を飲むだけでは痩せない

「お酢ドリンク」がダイエットの味方になるとして人気が高まっている。ただ気になるのは、お酢をそのまま飲んで胃腸トラブルを起こしている方が多いこと。また、食前酒のように飲んでダイエットに逆行している方も。ダイエット目的でお酢を摂るなら、運動とセットで!!
食と美容

拒食症や過食症を治すきっかけにまず相談を

拒食症や過食症のような心理的要因により食行動を自己コントロールできなくなる摂食障害は若い女性に多い。適切に治療すれば治るものの、治療により太ることを心配して受診を拒んでいる方が多い。新設された「摂食障害全国支援センター相談ほっとライン」でまずは相談を。
食と健康

りんごの栄養価と効能を長持ちさせる保存方法

りんごの栄養価の高さは「1日1個のりんごは医者を遠ざける」ほどだと言われる。さまざまな健康への効能が確認されているが、りんごにも賞味期限があり、品質が落ちれば栄養価も効能も低下する。幸い、保存方法により品質をキープするコツはある。その方法をまとめた。
食と健康

妊娠前から妊娠中の食生活で気をつけたいこと

妊娠前から妊娠中の食事に関する情報があふれている。なかには首をかしげたくなる情報もある。女性たちが惑わされないようにとの配慮から、厚生労働省は指針を出している。その改定版「妊娠前からはじめる妊産婦のための食生活指針」が2021年3月に公表されている。10項目のなかからポイントを紹介する。