「太りたいのに太れない」は贅沢な悩みかしら

コーヒータイム体調が悪い?

 

「太りたいのに太れない」悩みをわかってもらえない

若者を中心に「痩せたい」「もっとスリムになりたい」と、食事を極端に制限したり、ジムなどに通って激しい運動をしている方がたくさんいます。

メディアなども、「痩せられます」をキャッチコピーにさまざまな方法を紹介しています。
ダイエット効果をうたうCMを目にしない日はないといっていいでしょう。

その一方で、痩せすぎていて「太りたいのに太れない」ことが、悩みの種になっている方も少なくないようです。

知人女性のKさんもその一人です。

20代後半で、いわゆる「お年頃(おとしごろ)」でもあり、
「そろそろ女性らしく少しふっくらしたい」
とあれこれ努力をしているようですが、なかなか太れないのが悩みの種だと言います。

太り過ぎを気にして日々食べたいものも我慢してダイエットにいそしむ側からすれば、
「太りたくても太れない」悩みはなかなか理解しがたいことのようです。

場合によっては、むしろ「スリムでいいわね」などと言われたり、
「太れないなんて贅沢な悩みよ」と突き放されてしまうこともあるのだそうです。

スポンサーリンク

20代女性の4人に1人以上が「痩せの状態」

厚生労働省は毎年、国民の健康と栄養状態に関する調査を実施しています。

その最新版である、2019(令和元)年の調査結果を見てみると、男性は全体の3.9パーセント、女性では1割を超える11.5パーセントが、いわゆる「痩せの状態」にあることがわかります。

これをKさん世代である20代の女性に限って見ると、「痩せの状態」にある人の割合は全体の29.0パーセントと、ダントツに高くなっています。

なんと、4人に1人以上が痩せている計算になります。
若い女性がこの状態というのは、いささか驚きではないでしょうか。

BMI(肥満指数)が18.5未満は「痩せの状態」

ちなみに、この調査で「痩せの状態」としているのは、「低体重」のことです。

「肥満指数」あるいは「肥満度」として一般にも広く知られている、BMI(ボディマスインデックス)の値が18.5㎏/㎡未満の方が該当します。

BMIは、実際の体重や見た目の状態と、必ずしもイコールではありません。
体重(㎏) ÷ {身長(m) × 身長(m)} の計算式で割り出されます。

この値が18.5~25未満であれば「標準体重」です。
つまり「あなたはおおむね理想的な体重です」と判断されるわけですが、あなたの場合はいかがでしょう。

ちなみにWHO(世界保健機関)は「低体重」をさらに次の3段階に分けています。
⑴ BMI値が16未満は「痩せすぎ」
⑵ BMI値が16~17未満は「痩せ」
⑶ BMI値が17~18.5未満は「痩せ気味」

最近は、乗るだけでBMI値が表示される体重・体組成計が数多く市販されています。
一台購入し、毎晩とは言いませんが、定期的にチェックしてみてはいかがでしょうか。

「太りたいのに太れない」背景に深刻な病があることも

BMI値がずっと17前後だというKさんによれば、
「細い腕を見られるのが嫌でノースリーブの服が着られない」
「襟ぐりが大きく開いたような服を楽しむこともできない」
「実年齢よりずっと老けて見られることが多い」
等々、悩みはつきないようです。

男性の「太れない」方も、「弱々しく見える」とか「不健康そうだ」といったイメージが、仕事の面でマイナスに働くことが多いとも聞きます。

痩せている方は、概して顔色が悪く見えます。
そのため、どうしても不健康な印象を持たれることが多いのですが、実際のところ、何らかの病気が背後に隠れている場合もあるようです。

医師の診察を受けて「太れない」原因を突きとめる

たとえば、食欲もあってよく食べているのにどうしても太れないという場合にまず考えられるのは、バセドウ病*という甲状腺の病気でしょうか。

甲状腺ホルモンが過剰に分泌されるために新陳代謝が盛んになり、食べても食べても、消費するエネルギーに追いつけず、そのまま痩せが進行してしまいます。

*バセドウ病とは、甲状腺機能亢進症の代表的な病気。20~30代の女性に多い病気で、典型的な症状としては、「動悸」「暑がり」「汗かき」「指のふるえ」「体重減少」「疲れやすい」がある。思い当たる方は内分泌(ないぶんぴつ)内科、代謝内科を受診するといい。

また、胃・十二指腸潰瘍や潰瘍性大腸炎など消化器系の疾患があれば、消化・吸収機能が低下します。
そのため、食欲もあまりないし、無理して食べても消化しきれずに栄養にならない、つまり身につかないから太れないということもあります。

それと、もともと食べたものを消化、吸収する能力が低いという、体質的な問題も考えられます。

なお、生活習慣病になりやすい「メタボリック症候群」、通称「メタボ」については、「肥満」「ポッコリお腹」のイメージが定着しています。

そのため痩せ気味の方は「メタボ」の心配はないと考えがちですが、そうでもなく、「やせメタボ」の方も結構いて、「メタボ」は体型には関係ない、という話をこちらで詳しく紹介しています。
読んでみてください。
→ 太っていないのに生活習慣病になりやすい「やせメタボ」

プロテインやサプリメントを試す前に

いずれにしても、まずは一度、医師の診察をきちんと受けることです。
自分が太れない原因を突きとめておくことが大切でしょう。

この場合に受診する診療科は、内科がいいと思います。
ただ、同じ内科でも、内分泌あるいは消化器内科が専門の医師なら、なお安心です。

ネット上などで「太りたいのに太れない人」にいいとして紹介されているような、いわゆるプロテインやサプリメントの類を利用するのは、医師の診断を受けたうえでの話になります。

医師による診察の結果、必要となればドリンクタイプの総合栄養剤などを処方してもらえることもあります。

処方箋には医療保険が使えますから、自己負担分の3割程度ですみ、市販のプロテインよりかなりの割安で、しかも安心して飲むことができます。

100mlで200kcalを摂れる濃縮栄養ドリンク

なお、健康保険はつかえませんが、栄養がバランスよく詰まった飲料、明治の「メイバランス」は、1本125mlで200kcalと、少量でも高カロリー、高たんぱくを摂取できるため、小食の方には大きな味方です。

さらにこの度、それをさらにぎゅっと濃縮した『明治 メイバランス ぎゅっと Mini』が登場しています。

同じ200kcalですが、量は100mlとさらにコンパクトになっています。タンパク質は3.75gです。

125mlでは飲み切れないとの声に応えて開発されたもので、コーヒー味、ミルクティー味、ストロベリー味、ミクスフルーツ味の4種類があります。

100mlならおやつ感覚で抵抗なく飲み切ることができるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

体質的に太りにくいなら食事と筋トレを併行して取り組む

Kさんの話に戻しましょう。

医師による診察の結果、痩せの原因となるような健康上の問題はなく、Kさんの家族や親戚に太っている人がいないことからも、「どうも体質的に太りにくいようですね」となったとのこと。

この診断のもと、医師からは、日々の生活を以下の点から見直してみることを提案され、今現在、鋭意取り組んでいるようです。

  • 毎日3食をしっかり食べること
  • 食が細く1回に少量しか食べられなときは、食事回数を増やす
  • 仕事の関係などで食事回数を増やすのが難しい場合は、ブレイクタイムに間食として、少量でも栄養価が高い完全食などを利用する
  • 筋肉のもととなるたんぱく質、それも低脂肪でエネルギー効率の高い、植物性たんぱく質を多く含む食品(豆類、ブロッコリー、アボカド、バナナ等)を選ぶ
  • 食事に並行して筋肉トレーニングに励み、筋肉をつける
  • この場合の筋肉トレーニングとしては、大きな筋肉を鍛える「腕立て伏せ」や「スクワット」がおススメ

なお、私からのKさんへの助言として、たくさん食べなくても栄養価の高いアボカドにエキストラバージンオイルをたっぷりかけてわさび醤油で、あるいはサラダドレッシングで食べてみてはどうかと提案しています。

なにしろアボカドは、普通サイズのもので1個で250kcalです。

カロリーだけでなく、こちらの記事で紹介しているように、栄養価の高さでは世界一の果物としてギネスブックに登録されているほどですから、活用しない手はないでしょう。
→ 「アボカド」が栄養価の高さでギネスに登録!!

それと、男女の別なく、またあらゆる年齢層の間でこのところ注目が集まっている「大人向け粉ミルク」を、コーヒーや紅茶、味噌汁、スープ類等々に加えて飲むのもいいと思います。

詳しくはこちらをのぞいてみてください。
→ 「牛乳が苦手」なら「大人向け粉ミルク」を!