スポンサーリンク
体調が悪い?

人に言えないお尻の悩み!自分でできる対処法は?

立ちっぱなしや坐りっぱなしなど、長い時間同じ姿勢を続けていると、お尻(肛門)にトラブルが起きやすい。特に多いのは痔核だが、なかなか受診しにくい。市販の坐薬などで対処していることが多いようだが、日常生活で自分でできることと、受診のタイミングについてまとめた。
食と美容

減食ダイエットが骨粗鬆症を招くって本当?

骨粗鬆症は年配女性の病気と思っていないだろうか。一理はあるが、最近増えているのは20代、30代の女性。原因は減食ダイエットで、これは男性も避けられない。骨にスが入ってもろくなり、骨折しやすくなる。予防には骨量を増やすことと、その骨量を減らさない食事と運動を。
食と健康

外食などで塩分を摂りすぎたときの対策は?

高血圧などの有無に関係なく、日本人は塩分を摂りすぎている。理想は1日6g未満だが、持ち帰り弁当や総菜類、インスタント食品、そして外食も美味しくしようと塩分が多めに使われている。塩分を摂りすぎたときは、カリウムの多い野菜や果物類を摂るといいという話をまとめた。
食と健康

妊娠中か妊娠を計画しているならカフェインは控えめに

1日にビッグサイズのマグカップ7~8杯のコーヒーを飲んでいる友人が妊娠したのを機に、カフェインの妊娠への影響を調べた。日本では1日摂取許容量を設定していない。しかし、胎児への影響を考え、WHOやイギリス等では、コーヒーを1日に2杯までとしている。
保険の話

介護保険で住宅改修ができるって本当なの?

在宅療養中で介護保険の要支援者もしくは要介護者に認定されていると、住宅改修給付サービスを利用できる。つまり、自宅のバリアフリーを目的に「手すりを取り付ける」「段差をなくす」「畳をフローリングに替える」などにかかる費用の一部を補助してもらえるという話をまとめた。
食と美容

身だしなみとしてのニオイ対策してますか?

他人のニオイは気になっても自分が発しているニオイは気づきにくいもの。「スメルハラスメント」なんて言葉もあるだけに、自らの体臭には極力気をつけたい。働く世代に多い「汗臭さ」と「ミドル脂臭」について、心がけ次第で自分でできるニオイ対策をまとめてみた。
食と健康

「牛乳を飲むとおなかゴロゴロ」の予防法は?

「牛乳は苦手」な人は少なくない。原因は2つあり、乳糖不耐症か牛乳アレルギーだろう。牛乳アレルギーは明らかに食物アレルギーだから受診が必要だが、乳糖不耐症なら、牛乳の飲み方を工夫すれば「おなかゴロゴロ」などの症状は予防できる。発酵性乳製品を代用する手もある。
保険の話

整骨・鍼灸・マッサージに健康保険が使えるとき

街中にある整骨院などで受けるマッサージ等の施術は医学的治療ではないが、医師の同意書などがあれば、健康保険を使うことができる。施術者が国家資格の有資格者であること等々の条件もあるが、保健の対象になれば健康保険の自己負担分のみで施術を受けられるという話をまとめた。
運動と健康

「猫背」を治せば腰痛や肩こりもよくなる!?

スマホやパソコンの普及に伴い前かがみの姿勢でいる時間が長くなったことも影響して、猫背の人が増えていると聞く。猫背は老けて見えるうえに、腰痛や肩こり、ポッコリおなか、さらには円背から転びやすくなったりも。簡単に取り組める猫背改善エクササイズを紹介する。
体調が悪い?

頑固な便秘、すぐに受診したほうがいいときは?

長引く頑固な便秘に悩まされている人は少なくない。従来便秘は病気としてみなされず、個人がその解消に取り組んできたが、便秘症の診療ガイドラインが作成され、「たかが便秘」と見過ごすことなく、すぐに受診する必要のある便秘が明らかにされている。そのポイントをまとめた。
スポンサーリンク