臨床美術と認知症

体調が悪い?

子どもも大人も脳を活性化する「臨床美術」

「臨床美術」と呼ばれるアートセラピーは、そもそもは認知症の症状改善を目的に開発された。ところが最近は、社会人のストレス軽減や子どもの情操教育にいいと注目されている。「みんな違ってみんないい」の考えを基本におく臨床美術の脳の活性化効果についてまとめた。