治療用眼鏡の助成制度

スポンサーリンク
保険の話

子どもの治療用眼鏡は保険適用だが大人用は?

視覚機能の発達上重要な時期にある9歳未満の子の治療用眼鏡やコンタクトレンズには健康保険が使えるが、大人の近視や遠視、乱視等の眼鏡等には健康保険は適用外だ。しかし、医師が一部の疾患の治療に眼鏡等が必要と判断した場合は医療費控除を受けられる、という話を。
スポンサーリンク