低用量ピルと禁煙

体調が悪い?

メリットの多い低用量ピル、でも副作用に注意を

低用量ピル(低用量経口避妊薬)は避妊効果だけでなく、生理前の体調不良や生理痛の軽減、生理をずらす効果も期待できる。子宮内膜症など女性特有の病気の治療にも有効でメリットが多い。ただ、静脈血栓症を起こしやすいという副作用があり、その予防には禁煙が必須だ。