体調が悪い?

体調が悪い?

歯を抜きたくないときは「歯内療法」の選択を

大学病院などの外来フロアーで「歯内療法科」とか「歯内治療科」を目にするようになった。普通の「歯科」とどう違うのだろうか。「歯を抜かずに残すための治療」を専門に行う歯内療法の専門医も、まだ数は少ないがいると聞き、歯内療法についてまとめてみた。
体調が悪い?

寝室に木のぬくもりがあるとよく眠れるそうです

寝室の環境と睡眠の関係を「木のぬくもり」の点から調べた研究を紹介する。結果は、木のぬくもりで精神的やすらぎが得られ、眠りの質も高まるとのこと。森林浴で知られるリラックス効果が寝室に木材・木質の物を多くすることにより得られるという。不眠症の方はお試しを。
体調が悪い?

「いびき」に無呼吸があれば早めに受診を!!

パートナーに「いびき」で起こされ、呼吸器内科の医師を取材した折の話を思い出して、いびきの観察をした。仰向けの姿勢がいびきをかきやすいこと、無呼吸のない「いびき」なら、横向き寝用の枕に変えて様子をみること、無呼吸があれば受診すべきことをまとめた。
体調が悪い?

長引く腰痛に有効と聞く「認知行動療法」とは?

原因がはっきりしないまま3カ月以上続く慢性腰痛には、人間関係や仕事上の悩みなど心理的ストレスが影響していることが少なくない。このような痛みの改善に、その人の認知に働きかける認知行動療法が有効と聞く。「痛いからできない」とエクスキューズしている方は、一読を。
体調が悪い?

目覚ましの「音」でだめでも「光」なら起きられる!!

目覚まし時計は何を使っているだろうか。大音量のアラーム音ではなく、自然光で目覚めさせてくれる光目覚まし時計で、心地よい朝を迎えてはどうだろうか。この目覚まし時計は、うつ病や学童期に多い起立性調節障害の治療に使われる光療法のメカニズムを採用しているという話を。
体調が悪い?

耳掃除を家でするのは危険!耳鼻咽喉科へ

耳掃除にはなんとも言えない心地よさがある。で、つい無意識にやってしまうのだが、医学的には不必要かつ危険な行為だという。何が、どう危険なのだろうか。耳あかがたまって気になるときはどうしたらいいのかを調べてみた。耳鼻咽喉科で保険適用で受けられるという話も。
体調が悪い?

つらい腰痛、すぐに受診したほうがいいときは?

成人の5人に1人は腰痛もちだと聞く。その数を3000万人と推計する統計もあり、巷にはさまざまに情報が飛び交っている。が、なかには背景に深刻な疾患がある場合も少なくない。素人判断で痛みを緩和するだけでなく、整形外科医の診察が必要な危険信号を紹介する。
体調が悪い?

野菜不足の方は「現代型栄養失調」に注意して

高齢者が低栄養に陥りやすいことは知られている。しかし最近は、若者に「食事をしているのに元気が出ない」という「現代型栄養失調」が増えていると聞く。原因は、糖質や脂肪に偏った野菜不足の食事だ。厚労省が勧める「1日350gの野菜」を摂るためにできることは……。
体調が悪い?

「かかりつけ医」を持つとどんなメリットが?

「かかりつけ医」を持つことについては、コロナ禍以前は「高齢者の話」と思われがちだった。だが、ここにきて、かかりつけ医を必要とする場面が誰にも突然やってくることを、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて多くの人が実感している。そのメリットと選び方をまとめた。
体調が悪い?

コーヒー飲むなら「熱すぎず少しぬるめ」と適量がいい

コーヒー党ならつい飲み過ぎがちだが、気になるのは「発がん性」と「カフェインによる健康被害」。幸い発がん性は、国際がん研究機関が直接の因果関係を示す確たるエビデンスはないとしている。むしろ注意すべきはコーヒーの温度とカフェイン量だという話をまとめた