体調が悪い?

スポンサーリンク
体調が悪い?

便秘にいい排便姿勢は「ロダンの考える人」

便秘もちの人のなかには、「便がスッキリ出きらない」残便感に悩まされている人が少なくない。そんなときは排便姿勢の見直しをすすめたい。理想は、ロダンの彫刻「考える人」がとっている前傾姿勢。この姿勢をとりにくい洋式便器には、踏み台を活用するといい。
体調が悪い?

「飛蚊症」と油断しないですぐに眼底検査を

パソコンやスマホ無しには1日として生活できないような社会にあっては、目を酷使しすぎて飛蚊症(ひぶんしょう)を経験する人が増えている。目の前に黒いものが見えている状態を放置していると、失明のリスクがある網膜剥離につながりかねない。早めに眼科受診を。
体調が悪い?

マスク着用によるドライアイなら早めの受診を

パソコンやスマホなどのディスプレイを長時間見続けることによつて起こるドライアイは、涙の病気と言われる。目を潤している涙の量の減少や涙の質の低下が原因で、失明するほどのリスクはないが、角膜や結膜を傷つけることがある。まずは、症状のセルフチェックを!!
体調が悪い?

悩みやこころの不調は放置しないで相談を

悩みが続いたり、訳もなくイライラする、気持ちが落ち込む、といったこころの不調が長引くと、こころの病気につながる可能性がある。人に言えないでいる悩みや不調のサインに気づいたら、まずは最寄りの相談窓口にアクセスし、話を聞いてもらうことをすすめたい。
体調が悪い?

便秘薬「酸化マグネシウム」の副作用に注意して!!

便秘薬の「酸化マグネシウム製剤」は、年間延べ4500万人ほどが使用する人気の高い薬だ。作用がマイルドで安全とされるが、副作用の「高マグネシウム血症」には注意が必要だ。どんな人に起こりやすいのか、その初期症状、初期症状を自覚した時の対処法についてまとめた。
体調が悪い?

太っていないのに生活習慣病になりやすい「痩せメタボ」

「メタボ」こと「メタボリックシンドローム」には「肥満」「ポッコリお腹」のイメージが強い。が、やせていてもメタボリスクのある「やせメタボ」が、実は「メタボ」と同数いて、しかも女性に多いという話をまとめた。「やせメタボ」対策は1日3食摂ること&よく動くこと。
体調が悪い?

誰でも無料で利用できる「がん相談支援センター」

日本人の2人に1人が生涯に一度は経験するといわれるほど、がんはもはや珍しい病気ではないし、不治の病でもない。しかし、何かと悩むことの多いこの病気に関することならなんでも相談できる「がん相談支援センター」についてまとめた。ときには匿名での相談もOKとのこと。
体調が悪い?

病院でもらった薬を砕いて飲んでいませんか?

病院からもらった薬が飲みにくいと、錠剤ならカット・粉砕したり、カプセルなら中身だけ出して飲んでいないだろうか。仮にそれが徐放剤だと、血中薬物濃度が上昇して副作用が現れることがある。新しい薬を処方されたときはその飲み方を処方医に確認することを忘れずに。
体調が悪い?

寝起きを襲うつらい腰痛はこうして防ぐ

腰痛もちの方のなかには、日中は気にならないが一晩眠った朝に、腰が痛くて起き上がれない、という方が少なくない。「寝起きの腰痛」だ。睡眠中の自然な寝返りが妨げられることが原因と考えられ、敷き布団やマットレスの見直し、あるいは腰枕の活用を改善策として紹介。
体調が悪い?

療養生活の疑問や不安は「看護外来」で解消

病院の外来フロアーに、「看護外来」「看護専門外来」が目立つようになった。そこでは看護のスペシャリストである「専門看護師」ゃ「認定看護師」が中心となり、通院患者を主な対象に療養生活上の相談に応じている。個別の、きめ細やかな指導が受けられると評判だ。
スポンサーリンク